2012年01月11日

膝痛の予防と緩和

3回目の介護講座を受けてきました。
今回は「膝の痛みを和らげるために〜膝痛の予防と緩和〜」という講座。

前2回は介護福祉士?のトリオ先生だったけど、今回の講師は理学療法士という新しいパターンで、初めに座学から開始しました。
スクリーンを見ながら膝痛のメカニズムなどを勉強するという、ある意味拷問の様な勉強です。
当然、かなり向こう側の世界に行ってしまい、このセンセイ実は催眠療法の先生ではと疑いを持った事は内緒です。

  
ところで、
今講座を受講した人は、一般の人・介護職の人のほか、管理栄養士という人がいたらしい。
そんで休憩のとき先生に「もしかして管理栄養士の方ですか?」って聞かれました。
実は初めて講座を受けた時も「介護の仕事されてる方ですか?」って聞かれたんだけど(笑
なんか資格を持ったプロっぽい雰囲気醸してんのかなあ?


座学のあとは実技で、体操というか筋トレをいろいろやりました。
そんで最後に膝の皿のストレッチ。
これは初見で、勉強になりました。

膝痛の予防と緩和.jpg

理学療法士さんの講座いいですね!
おもしろい^^
次は腰痛の予防と緩和とか希望。
ラベル:介護講座
posted by 鬼ノ下 at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 講座・講習など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

歩行の介助

前回受けた介護講座「起き上がり動作の介助」に続いて「歩行の介助」を受講してきました。

今回の講座も実技オンリーなので、受講者同士でペアになり介助する者される者の両方を練習。
でも前回はペアを変えながらいろんな人とやったのに、今回はなぜか最初に組んだ人と最後までずっとペアでした。
ちなみにツイッター仲間が2人いて、このねえさんが相棒だった^^→ rainbow*apple

講座の内容は、前に立って介助する場合や斜め後方の場合、麻痺がある場合、段差の越え方、杖の使用、階段の上り下りなど。
介助者の足の運びは、介助される側の足に合わせてどっちの足を出すかや足を出すタイミングなどが決まってます。
歩行の介助練習だけど、なんか介助者の方の歩行練習みたいでもあって面白かった(笑

ちなみにおれの杖の使い方がうまいって先生にほめられたんだけど、これはぎっくり腰の時にかなり世話になったからやね(笑

歩行の介助.jpg

歩く事については武道でいつも稽古・研究をしているけど、今講習では違った視点からの歩行について学ぶ事ができ非常に勉強になりました。

次は膝痛の予防と緩和を受講する!
ラベル:介護講座
posted by 鬼ノ下 at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 講座・講習など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

けんこうフェスタ

30日(日)にビッグユーで行われた南和歌山医療センターのけんこうフェスタに、むすめと遊びに行ってきました。

けんこうフェスタでは色々な体験コーナーがあるけど、やはりはずせないのは救急法。
救急法コーナーでていねいに教えてもらいました。

けんこうフェスタ.jpg

現在の救命措置はとにかく胸骨を圧迫する事。
倒れている人などを発見したらまず意識・呼吸を確認、なければすぐに胸骨圧迫に入る。
気道の確保などもしなくていいらしい。
一刻も早く心臓マッサージを施し救急車が来るまでずっと続ける、これが重要だという事でした。

その後はAED(自動体外式除細動器)の使い方。
これは、機械がやる事を指示してくれるから簡単ですよね。
毛深い人には、体にはるパッドをはってはがして毛を抜き取ってから行う。
意識があったら「やめてー」ていうやつですね(笑
注意点は、電気を流す前に体から金属類をはずす事。


こういう病院主催の祭り、おもしろいです^^
若い看護師さんもいっぱいいるし。

けんこうフェスタ (2).jpg

え?
若すぎるって?(笑

こどものナース服試着撮影コーナーもあったのだー^^
ラベル:救急法
posted by 鬼ノ下 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 講座・講習など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

介護術を習う

和歌山県地域介護普及センター主催の介護講座「起き上がり動作の介助」を受講してきました。
介護講座はたまに新聞に載ってるのを見て前から一度受けたいと思いながらも、ちょっと敷居が高いというか尻込みしてたというか、そんなキャン玉スモールな感じでスルーしてきましたorz
しかし今回、なんか気分的に受講モードになってて、また無料なのに受けないと損ではとの思いからとうとう受講に到りました^^

講座は午後6時から8時の2時間オール実技。
講師3名に、受講者は15,6名いました。

まず講師の解説のもと、他2人が介護する役される役でやり方を展示。
講師先生の動きは中国拳法みたいできれいです(笑
その後はベッド2台、半分に分かれて練習をするという形で講座は進められました。
今回は起き上がり動作、専門的には「起居動作」で、大きくはベッドから起こすのと座敷で寝た状態から起こすのとの2通り。

人の体をコントロールするのは救急法や野外衛生などでやった事があるけど、介護の現場ではデリケートな技術がありおもしろい。
例えば腕で上体を支えて起こすのも、高齢者になると肩が骨折や脱臼をしやすいので肩甲骨を支える。
また足を組ませる時などに、手でつかんでやると不快だし内出血を起こしたりする。
人間は親指が離れているとどうしてもつかんでしまうのが性なので、親指を人差し指にくっつけてお椀型にして足をすくって組ませる、などなど。

まあそんなこんなで2時間の講習はあっという間に終わりました。
おもしろくて。
いや、実際の介護は大変という言葉では表せないくらい大変ですが><
しかし誤解を恐れずにいうと介助の講習はめっちゃおもしろいです、おれ的に。
体を使って遊ぶのが大好きなんです!(ヘンタイではありません

介護術を習う.jpg

おもしろかったので次回また違う講座を受けます。
この現代の活法とも言える「介護術」を極める!!
ラベル:介護講座
posted by 鬼ノ下 at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 講座・講習など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

狩猟免許試験合格

本日、狩猟免状が届きました。
つまり、狩猟免許試験に合格したという事です^^

わな猟狩猟免状.jpg

これで俺も晴れてハンターの仲間入りか、ふふふふ。

しかし狩猟を行うにはこの免状だけではダメで、狩猟者登録というのをする必要がある。
また期間になったら登録申請したいと思います。

後記

将来くるであろう食糧難の時代に備え狩猟免許を取得する事に成功したが、しかしこれからが本当の勝負である。
これから野生動物との、まさに命をかけた闘いが繰り広げられる事になるのだ。
鬼ノ下の挑戦が、いま始まった・・・

■関連記事
狩猟者講習会

posted by 鬼ノ下 at 20:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 講座・講習など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

狩猟者講習会

11日・12日の二日間、上富田文化会館で行われた狩猟者講習会に参加してきました。

狩猟者講習会 .jpg

初日は鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法令と鳥獣に関する知識を勉強。
二日目は銃猟組とわな猟組に分かれて猟具に関する知識、それと初日にやった鳥獣の判別を反復演練しました。

これって、むかし船舶免許取った時の養成講習的なもんだと思ってたんだけど・・・講師の話を聞くと落ちる人もちょこちょこいるみたいで、けっこうシビアな感じ><
試験の時には服装とかもうるさいらしいです。

試験に受かるかなあ・・・ ←自信なしモード

だがしかし!
俺はがんばって受かりにいきますよ?(金払ってるし

ハンターに、俺はなる!!(ワンピースのルフィ風

試験の27日まで毎日勉強します(あまりやりたくない

posted by 鬼ノ下 at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 講座・講習など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。