2016年05月26日

獣眼

「獣眼」は、大沢小説ではSF要素が入った方のストーリー。

獣眼.jpg
獣眼 (徳間文庫)



主人公は名前や経歴等、ほとんどの事が不明の腕ききボディーガード。
そして本編で受ける仕事の依頼内容が、未来を見通す能力「神眼」の継承者を警護するというもの。

読みながら「神眼」なのにタイトルの「獣眼」は何でやろと思ってたら、最後の最後に出てきましたね。


シティハンターっぽくてかなり面白かったです。


獣眼 (徳間文庫)
獣眼 (徳間文庫)
posted with amazlet at 16.05.26
大沢 在昌
徳間書店 (2015-07-03)
売り上げランキング: 177,017


posted by 鬼ノ下 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴耕雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。